読書にキロク「生きるように働く」

先行きが見えない不安な時代だからこそ、改めて「はたらく」ことについて考えてみたい。

そんな時にふと目に入った1冊の本。

「日本仕事百貨」という求人サイトを運営している株式会社シゴトヒトの代表ナカムラケンタさんの著書です。

「日本仕事百貨」は、ちょっと変わった求人サイト。初めてこのサイトを知った時、求人記事を読んで感動してしまいました。私もこのサイト経由で、転職を決めたかったな。

世の中には本当にいろんな仕事があって、いろんな働き方があって、働く理由も人それぞれ。
働くモチベーションだって違うのに、いわゆる求人情報は、同じ尺度で(例えば給与とか、勤務条件とか)で、並べている。
それってなんだかなぁなんて思っていたので、「日本仕事百貨」を知った時、かなりの衝撃を受けたことを覚えています。

この本では、ナカムラケンタさんが触れた、それぞれの「働く」についてまとめたもの。
この本が発売されて間もないころに1度読了していたけれど、今このタイミングで読みなおしたのは何かのご縁かな。

自分の働くってなんだろう。生きるってなんだろう。

改めて自分の仕事と生き方を考える、きっかけになりました。

タイトルとURLをコピーしました