星空の小さな図書館は、6周年を迎えました。

お知らせ

早いもので、星空の小さな図書館は、12月22日で、6周年を迎えました。
振返ってみると、本当にあっという間の6年間でしたが、こんなにも長く続けられるとは、自分自身でも驚きです。

週に2日しかやっていない、小さな小さな民間図書館。「公共性の高い図書館を、民間で運営していけるのか」と、何度言われたことか。それでも続けてこれたのは、日々利用してくださる皆さんの支えがあってこそ。そして、自分自身も楽しめていることが、一番の継続の秘訣なのかもしれません。

図書館を始める前から愛用していた、アイデアノート。

今見返してみると、よくこれで図書館つくりあげたなぁと思うことばかり。

リノベーションなんてやったこともないのに「納屋を改装する!」と、決め、はじめてみると、そりゃもう、大変。素人って大変さがわからないから恐ろしい。何からはじめたらいいかもわからず、とにかくなんとなくのイメージをどんどん書き溜めていったんだっけ。

元々、絵も下手なので、かなり適当なレイアウト図。ここからよくいまの形にいきつけました。

あの時は、本当に出来上がるのかかなり不安だったけれど、コツコツ、少しずつでも自分の手を動かしていけばちゃんと形になるものなんですね。

もちろん、自分一人ではできないことばかりで、人に助けてもらうことの大切さを改めて実感した瞬間でもありました。ほんと、一人ではここまでできなかった。

できあがる前も、今も、多くの皆さんに支えられて、図書館で在り続けることができています。

今年も1年、ありがとうございました。 そして、7年目も、よろしくお願いします。

仕事旅行やっています

・都会での暮らしだけではない、地方の暮らしに興味がある
・地域の人が集まる場を作りたい
・「本」を通してできる仕事を考えたい
そんな人にピッタリの仕事旅行プログラムはいかがですか?

詳しくはボタンを押してご覧ください

い鉄ブックス
いすみ鉄道は、千葉県いすみ市と大多喜町を走るローカル鉄道。慢性的な赤字状態にあり、廃線の危機に直面しています。その「いすみ鉄道」を、本を寄付することで応援するプロジェクトが「い鉄ブックス」です。 詳しくはボタンを押してご覧ください
お知らせ
星空の小さな図書館
タイトルとURLをコピーしました