8/17(月)今日の図書館ーまちライブラリ通信ー

日々のこと

連日の暑さが続いています。図書館も、午後の暑さはとても厳しいとあって、日差しが弱くなったころから来られる方が多くなりました。

通りすがりの方や、前から気になっていた方などはじめましての方も多く、そんな方とお話する時間がとても好きです。

さて、先日、一通のお便りが届きました。

まちライブラリーで定期的に発行されている「まちライブラリー通信」です。全国に広がる小さな図書館で、今どんな取り組みが行われているのか知ることができるため、毎号楽しみに読んでいます。

最新号では、この状況下ではじまったオンラインでの取り組みについてなど紹介されていました。また、「まちライブラリー」としての「新しい本屋」についての取り組みは、とても興味深いものがありました。

「売る」と「貸す」違いはあるけれど、どちらも本を通して人とのつながりや、自ら考えていることを共有したいという気持ちを大切にすることは共通しているのではないでしょうか。』

星空の小さな図書館でも今、「マチノイトブックス」を運営していますが、「売る」と「貸す」の双方のよさ、おもしろさを感じていたところでした。まだまだ、本を介した新しい出会いがありそうですね。

「まちライブラリー通信」はバックナンバーもご用意しておりますので、どうぞ、ご自由にご覧ください。

*********

星空の小さな図書館は、通常どおり開館しています。

開館日:日曜日と月曜日
時間:13時から19時

入場無料 出入自由 駐車場あり

小さな空間です。体調に不安のある方は、元気になられたら、ぜひお越しくださいね

感染予防の観点から、館内に用意した除菌シート、除菌スプレーはご自由にご利用ください。
窓を開けて換気をしています。

仕事旅行やっています

・都会での暮らしだけではない、地方の暮らしに興味がある
・地域の人が集まる場を作りたい
・「本」を通してできる仕事を考えたい
そんな人にピッタリの仕事旅行プログラムはいかがですか?

詳しくはボタンを押してご覧ください

い鉄ブックス
いすみ鉄道は、千葉県いすみ市と大多喜町を走るローカル鉄道。慢性的な赤字状態にあり、廃線の危機に直面しています。その「いすみ鉄道」を、本を寄付することで応援するプロジェクトが「い鉄ブックス」です。 詳しくはボタンを押してご覧ください
日々のこと
星空の小さな図書館
タイトルとURLをコピーしました